コラム

コラム
スポンサーリンク

コロナウィルスとマスク

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が日本全土に蔓延している。

北海道から沖縄まで、
専門家は「現時点で数千~数万人の患者がいてもおかしくない」とみている。
病院内での感染懸念もある一方で、
海外ではウイルスを大量にばらまく「スーパースプレッダー」も出現しているらしい。
どこでうつってもおかしくない現状だ。

英国では新型コロナウイルスの「スーパースプレッダー」が出てきたらしい。
英国人男性(53)が出張先のシンガポールで感染した後、
無症状のまま計11人にウイルスをうつした疑いが強いということだ。
11人中6人はフランスやスペインで感染が確認され、
残り5人は英国で感染が発覚したもよう。

日本も「感染爆発」を覚悟しておかなければならない段階にきている。

マスクの常備は欠かせない

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いの励行、マスクの着用があげられる。

また、十分な栄養と休養、人込みを避けるなども有効でしょう。

発熱や咳などの症状がある人との不必要な接触は避けるべきでしょう。

現時点ではまだ、予防接種はないようなので、

自分の身は自分でしっかりと守りたいですね。

もはや、人ごみの中にいなくても、マスクの着用は欠かせませんよね。

そこで、普段何気なく使っているマスクの正しい使用方法をご紹介します。

 

マスクの正しい使用方法

マスクの効果を得るためには正しくつける必要があります。
また、顔との隙間がないように顔にフィットするサイズ・形のマスクを選択し、
必要に応じてゴムを結ぶなど顔にフィットさせる工夫をします。

マスクの正しい装着方法

鼻と口の両方を確実に覆います。
ゴムひもを耳にかけます。
フィットするように調節します。

安全なマスクの外し方

マスクの表面には、ウイルスがついている可能性があります。
そこで、マスクの表面には触らず、耳の付近のゴムをつかみ外しましょう。
外したら直ちにゴミ箱に捨て、手を洗います。

タイトルとURLをコピーしました